クレジットカードお受験

いえ、クレジットカードが受験する訳ではありません。私たちがカードを作るために受験するのです。様々なカードが蔓延る中、持っているだけでステータスになるというカードがあることをご存じでしょうか。実はそのカード、審査を受ける前の前提条件がとてつもなく厳しいのです。今回はそういったステータスカードについて、考察してみましょう。


■高ランクのクレジットカードは招待制

自分から作りたいと申し出ることが出来ない。それが高ランクのクレジットカードです。契約している金融機関からある一定の基準を満たす方に対して、招待状が届きます。一定基準とは、支払を一度も滞らせたことがなく長年カードを持ち続けているなど、金融機関によって様々です。その他にも口座の残高が5,000万円以上ある人、13万円の年会費を払える人など、お金持ちハードルをクリアした人のみが持つことが出来ます。


■見た目も豪華でお金持ち目印

これはもうアピールなのかと言わんばかりのデザインです。金に輝くゴールドカード。確かに、そのカードを持っているだけで難関な基準をクリアしたとう証明になります。バーでお財布から煌めくゴールドカードを出した方は、甘い目線と盗難にご注意ください。

学校の受験でも、偏差値どうの成績どうのと様々な基準が設けられておりますが、クレジットカードも例外ではありません。散々嫌味風な言い方をしてきましたが、高ランクのカードを持つということは、自分が一生懸命努力をしてきた結果でもあります。自分の生活に見合ったカードで、更なる高見を目指してみましょう。

Comments are closed.