クレジットカードがもたらす優越感

クレジットカードを持っていると持っていない人に対し謎の優越感を感じれるかもしれません。それも仕方ないでしょう。なんせ支払いで大きく現金に対してリードを感じることができるでしょうから。
現金の支払いは面倒で、それにクレジットカードなら得られるポイントやマイルを受け取るチャンスはありません。ポイントやマイルを上手に使えば、現金と同等、もしくはそれ以上の効果を得ることができるでしょうから、その分、クレジットカードを携帯していない人と差をつけることができます。
実際に効果を感じることができれば優越感を感じてしまうのも致し方なしといったところでしょうか。


●クレジットカードでお金持ちになった気分を

クレジットカードを持って、実際にカードを使って支払いを行うことでまるで自分がお金持ちになった錯覚を感じてしまうでしょう。
支払額にかかわらず、一瞬でお金の支払いを終わらせてしまうのですから仕方ありません。お金の支払いをスマートに終わらせるということ。これはまるでそう、お金持ちになった気分です。
実際はそこまで厳しくない、甘い審査を通ってクレジットカードを手に入れたに過ぎないのですから、本当は経済面は大きく変わっていないのですが、これは錯覚しても仕方がないかもしれません。


●欲望を満たすクレジットカード

クレジットカードでお金持ちになった気分になってカード決済を続けていると、自分の支払能力を越えてしまうこともめずらしくありません。
または、カードについているキャッシング機能でお金を借りることで返済可能額を大きく過ぎてしまうということ。これらは良くある話です。特に後の、キャッシング機能を使いすぎてしまうと言うこと。これは失敗すると最悪自己破産するということになりかねません。しっかりと自制心を持ったカード利用を。
カードを使えば自分の欲望を満たすのはあまりも簡単です。お金を借りれる、そして限度額内ならその場でお金を支払う必要なく買い物もできる。やはりお金を持つことが欲望を満たすことへの第一歩です。


●寒い夜はクレジットカード

冬の夜は寒い。心も体も。そんな夜は心から温まりましょう。クレジットカードという心の拠り所があれば心はほんわかあったまります。
懐事情が切羽詰まっているとそれだけで心が寒くなってしまいますよね。懐が寒いなんてよく言う話です。心をあっためてくれるカード。自分に合ったカードを持っていることが何より大切です。

Comments are closed.